• まぶし漬とは
  • HOME >

まぶし漬とは?

お味のついたお大根においしいお味噌をたっぷりからめて召し上がってい ただく、旬茄が生み出した、旬茄にしかない逸品。 ご飯はもち

まぶし漬大根とは?

まぶし漬大根とは?

旬茄のまぶし漬は、しっかりと漬かったお漬物に味噌をからめて食べるお漬物。70年前、しぼり大根と味噌のまぜ漬として初代店主が考えたちょっと珍しいお漬物です。
味噌は裸麦と大豆を時間をかけてゆっくりと熟成させコクと旨みを引き出した金山寺味噌。
野菜はどの素材も野菜本来の旨さを醸し出すよう秘伝の製法で丁寧に漬け込んでいます。漬物と味噌が絶妙にからみ合い新たなおいしさを生み出しています。ご飯や酒肴はもちろん、お茶請けやおかずの一品としてもお箸の止まらぬおいしさです。
お味のついたお漬物においしいお味噌をたっぷりからめて召し上がっていただく、旬茄が生み出した、旬茄にしかない名物お漬物です。

title 02

1

大根や水なすは、洗わずにお好みの大きさにカットし、お味噌を合わせて盛り付けてください。

2

野菜から出る水分によって、お味噌の旨みが薄くなりますので、お召し上がりになる直前にお味噌と合わせてください。

3

お味噌が余った場合は、そのままご飯にかけるか、味噌炒め等にお使いいただいても格別です。

↑このページの先頭へ

お漬物の旬茄 フリーダイヤル:0120-74-0371 〒596-0102大阪府岸和田市山直中町371

電話・FAXでのご注文はこちら

水なす専門店、旬茄(しゅんか)は、一層一層昔ながら製法で、朝採りの水なすを毎朝、漬け込んでおります。泉州地方、大阪府岸和田市にて、泉州水なす漬物を中心に、水なすぬか漬、水なす切漬、水なす丸漬、水なすワイン漬、各種おつけもの商品の漬蔵直送、販売を行っています。岸和田に本店を構え、全国有名百貨店(三越伊勢丹 高島屋 大丸 阪急阪神百貨店)でも、販売させていただいております。